ダイエットの基礎知識

ダイエット中の朝ごはん!朝は絶対食べるべき♪おすすめメニューも紹介

SALAN
こんにちは!サランです。

ダイエットといえば食事制限をして食べる量をできるだけ減らして痩せよう!と考えている人も多いのではないでしょうか?

でも、実は食事をちゃんととることで痩せやすい体質になることができるんです。とくに、注目してほしいのは朝ごはん

朝ごはんはダイエット中は食べるべきって知ってました?

ここでは、そんなダイエット中に朝ごはんを食べるメリットやおすすめの朝ごはんメニューを紹介します♡

ダイエット中に朝ごはんを食べるメリット

実は朝ごはんを食べるとダイエットにとてもいいメリットがたくさんありました。

食べ過ぎを防ぐことができる

私たちの体は空腹の状態が続くと、体の中にエネルギーを貯めこもうとする傾向があります。食べるときに余分に栄養を蓄えたり、食べ物を見たら食欲を過剰に感じるようになってしまうのです。

長い間空腹の状態でいることは太りやすい体質にもなるし、食べ過ぎてしまう原因にもなるんです。

ダイエットをする人からすると何としてでも避けたい状態ですよね。

睡眠中は1日の中でも長時間食事をしないので、朝目覚めたときはしっかりと食べる必要があるのです。

朝ごはんを食べることで体が通常モードになり、食べ過ぎや過剰に吸収するのを防ぐことができます。

体を温め基礎代謝を上げる

私たちは寝ているときは体温が低く、朝目が覚めると体温が徐々に上昇していきます。朝ごはんを食べるとさらに体温が上がります。

そして、体が温まると体の基礎代謝も一緒に上がります。基礎代謝とは、私たちが生きることで消費されるエネルギーの事です。

朝ごはんをしっかり食べることで基礎代謝が上がるので、消費されるエネルギーの量も増え痩せやすい体になります。

内臓を刺激して便秘を防ぐ

朝ごはんを食べると内臓が刺激されます。内臓が動き出すことで排便が促されます。

便秘はダイエットや美容においての最大の敵。毎日すっきりと排便することは、美しい体をゲットするためには不可欠です。

基礎代謝が下がり脂肪が燃えにくくなったり、腸内に蓄積された便によって体調が悪くなる、肌が荒れるなど全くいいことがありません。

朝ごはんを食べることで、消化器官が働くスイッチが入りスッキリ体質で痩せやすい体になることができます。

脂肪燃焼に必要な筋肉が減るのを防ぐ

筋肉は脂肪燃焼に欠かせません。筋肉をつけると基礎代謝が上がるので、エネルギー消費量が増え痩せやすい体になることができます。

空腹の状態が続くと、体は筋肉細胞を分解してそこからエネルギーを吸収しようとします。そうすると筋肉が減り基礎代謝が下がってしまうのです。

ダイエットのために毎日頑張って筋トレしているという人もいることでしょう。

そんな人こそ、絶対に朝ごはんは食べないとダメ!

痩せ体質に必要な筋肉をキープするためにも、朝ごはんをしっかりとりましょう。

ダイエット中の朝ごはんを食べるタイミング

ダイエット中の朝ごはんは、朝起きてから2時間以内に食べるのがおすすめです。起床してから2時間以内に食べることで、体内時計が正常に働いてくれるようになるからです。

体内時計のリズムが正しく働くとホルモンバランスが整います。ホルモンバランスが整うことで、ムダな食欲がわかなくなり太りにくい体になることができます。

逆に変な時間に朝ごはんを食べてしまうと、体内時計が乱れます。するとホルモンバランスも乱れてしまい、ムダな食欲増進が起こる大きな原因となります。

ダイエット中のおすすめ朝食メニュー

ダイエットを効率的に行うためのおすすめ朝食メニューを紹介します!

朝からしっかり食べて心と体をスタートさせましょう♪

ヨーグルト×フルーツ

ヨーグルトと一緒にキウイやベリーなどのお好みのフルーツを合わせてみましょう。

ミネラルやビタミン、食物繊維をとることができ美容にもとてもいいですよ。

ヨーグルトの発酵食品パワーで腸内環境が整い便通もよくなるから、溜まりがちな体質の人にはおすすめの朝食メニューです。

暖かい野菜スープ

野菜がたっぷりとれて、体を温めることができるスープはとてもおすすめです。体温があがり体の代謝を上げることができます。

野菜は、イモ類などの糖質の高いものは避けましょう。

スープの味は、コンソメやだしの素などのお好みで調整してみてください。

グラノーラ

グラノーラにはたくさんの食物繊維が含まれています。

便秘解消にも非常に効果が高いのも特徴です。

腹持ちがよく満足感も高いので、朝食はしっかり食べたい派さんにおすすめのメニューです。

バナナ

朝バナナダイエットが一時期流行りましたよね。

バナナはとても栄養価が高く、食物繊維が豊富です。

代謝促進やむくみ解消にも効果的で、バナナはダイエットの強い味方です!

お米は「もち麦」、パンは「雑穀入りパン」がおすすめ

朝はお米派、パン派という人は「もち麦」、「雑穀入りパン」に代えてみましょう。

もち麦には、脂肪や糖質の吸収を遅らせ血糖値の上昇を抑える効果があります。

また、ライ麦パンや全粒粉パンなどの雑穀入りパンも通常のパンよりも栄養価が高いだけでなく、血糖値の上昇がゆるやかなのでダイエット向きです。

まとめ

朝ごはんを食べることは、痩せやすい体づくりにはかかせません。

ダイエット中は食事制限を行う人が多いですが、朝ご飯をしっかり食べることは痩せるためのたくさんのメリットがあります。

朝ごはんを食べてエネルギー代謝の良い体になり、ダイエットを成功させましょう♪

-ダイエットの基礎知識

Copyright© サランの韓国ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.