未分類 美容

ヒアルロン酸の名医!美容医療とヒアルロン酸や注入系について詳しく聞いてきた!

SALAN
こんにちは、サランです!

 

SNSで芸能人やインフルエンサーが美容医療に関して発信することが多く、ここ数年で、美容医療の人気が高まっていますよね。

なかでもヒアルロン酸注入は手軽に始められる、プチ整形の第一歩的な感じになってきています!

ただ、ヒアルロン酸注入をしたことで、顔が不自然になっちゃった…なんてこともよく聞きます。

最近、私が施術してもらったスキンリファインクリニックさんはとにかく上手!!

正直、今まで美容クリニックはなんとなくで選んでいましたが、それでは危険だった…

今回は特別に、院長の篠原先生に美容医療について詳しく聞いてきたので、クリニック選びに迷っている方はもちろん、「ヒアルロン酸受けてみたいな」「ちょっと怖いな」って思っている方も必見です♪

スキンリファインクリニックの公式ページ

プロ集団が施術する「スキンリファインクリニック」について

スキンリファインクリニックさんは、東京の銀座院・吉祥寺院の2店舗を構える美容皮膚科です。

年齢・性別問わず一人ひとりが持つ美しさを最大限に引き出してくれるというコンセプトのもと、美容皮膚科の医学に基づきお肌の病気を治してくれます。

美容クリニックの施術と聞くと「失敗するのが怖いな」というイメージを持つ方も多いのですが、こちらのクリニックのドクター陣は、形成外科・美容皮膚科のプロフェッショナルばかり。

はじめてでも不安にならないよう、無料カウンセリングもあり、ドクターがしっかり悩みを聞き、1番よい解決策を提案してくださいます。

不安だな…と思うことはなんでも聞いてOKだそうです!

LINEに登録するだけでカンタンに予約ができて、お得なキャンペーンなども届きますよ♪

こんな人はヒアルロン酸注入がおすすめ!

ヒアルロン酸注入は、以下のようなメリットがあります。

ポイント

  • 顔全体に施術が可能
  •  腫れやダウンタイムなども少ない
  •  注入直後に効果を実感できる
  •  アレルギーリスクも低い
  • 他の美容施術とも組み合わせOK

たとえば糸リフトとヒアルロン酸注入を組み合わせれば、よりリフトアップ効果があり、効果も長く持続します。

リスクも低いので、美容クリニックが初めてで、ちょっと抵抗があるという方に、まず受けてほしい施術です。

以下のようなお肌の悩みがある方には、ヒアルロン酸注入することをおすすめします!

メモ

  • 小じわ
  • たるみ
  • 頬がこけてきた
  • 唇にボリュームがほしい
  • リフトアップしたい
  • おでこに丸みがほしい
  • 鼻を高くしたい
  • あごをシュッとさせたい
SALAN
サッと施術しておでかけ!なんてこともできる

スキンリファインクリニック銀座のLINE登録

スキンリファインクリニック吉祥寺のLINE登録

篠原院長にヒアルロン酸注入のあれこれを聞いてみた

プロフェッショナルと言われるだけあって、経歴も実績もスゴイ!

出てるオーラもカッコいい…

ヒアルロン酸注入と美容医療について詳しく聞いてきた

SALAN
ここ数年でヒアルロン酸ブームだと感じるんですが、昔からあったんですか?
SRC篠原院長
昔からありますよ。厚労省の承認を取ったのが2000年代なので、その前からありますね。
SALAN
今、ヒアルロン酸が整形の1歩目というか、入れてる人が多いじゃないですか。
SRC篠原院長
そうですね。昔はそんなに多くはなかったんですが、ボトックスとヒアルロン酸が日本の厚労省の承認を取ってから多くなりましたね。
SALAN
許可が降りてから、みんなに打ち方を教えて、広まったって感じですね。
SRC篠原院長
アンダーグラウンド的な美容療法だったけど、メーカーがすごいPRしたんですよ。

たとえば、ヒアルロン酸なんかやったことないっていう開業医の先生のところへ行って、ヒアルロン酸の打ち方や、こういう解剖と血管とかに気を付けて!など指導するんです。

SALAN
なるほど。こういうマニュアルが出始めたんですね。
SRC篠原院長
なんなら、うまいドクターを呼んでマンツーマンで指導しますから!みたいな、ドクターへの営業活動が活発になったんです。
SALAN
たとえば、2012年の増加というところで、これは私の予想でしかないんですが、韓国の美容が流行ったタイミングじゃないかなって思ってるんですよ。
SRC篠原院長
それはありますね。
SALAN
そこから、オルチャン的な感じの涙袋に入れるとか、流行りがヒアルロン酸だったのかなと思ったんです。
SRC篠原院長
そうだと思いますよ。2002年頃から増えてますからね。今ももっと増えています。
SALAN
ヒアルロン酸の整形界隈のSNSでは、みんな入れてるのが普通というか、1歩目はヒアルロン酸っていう人が多いと思うんですけど。

先生も、SNSを通して整形とかヒアルロン酸注入系の1歩が軽くなったと感じますか?

SRC篠原院長
絶対そうだと思いますよ。
SALAN
やってるのが普通で、それは先生も感じられますか。
SRC篠原院長
今はやめちゃったけど、韓国の美容クリニックと提携して、骨切り、アゴ削り、頬骨縮小の手術を韓国でやりたいっていう人を韓国に送ったりしてましたね。

あと、ナビコリアっていう日本の人を韓国の病院に送って、韓国に美容アテンドするって人も増えてる気がしますね。

SALAN
これって女性の美意識が高まったんですか。
SRC篠原院長
6年前のデータで、何か美容治療やってますかって聞くと、当時、世の中の女性の半分は美容治療に興味があってやってみたいと思ってる。

だけど実際には、クリニックで治療を受けてる人は2016年の調査の段階では1割にも満たなかったんですよ。

SALAN
こんなに少ないんだってびっくり!でもヒアルロン酸とボトックスは、2016年より今のほうが増えてる感じがしませんか。
SRC篠原院長
もちろん、もっと増えてるはずです。とはいえ、多いわけじゃないですね。
SALAN
一部がすごい目立つだけなんですかね。先生は、SNSでヒアルロン酸や注入系、整形がすごい広まったことは、危険とか、いいことだとか、実際どう思いますか。
SRC篠原院長
SNSで美容法が広まることは、いいんじゃないですか。医療行為そのものは全然、危険じゃないので。

たとえば、レーザーだって皮膚のやけどじゃないですか。ボトックスやヒアルロン酸だって、針を刺してます。本来、普通の人が他人に針を刺すなんて傷害罪で逮捕されますから。

診療行為の中身そのものは危険だけど、それによってきれいになれて、自己満だけど、得られるものは大きいわけです。

人を良くする、かっこよくする行為だとは思ってます。

SALAN
若いクリニックの先生方のSNSの発信についてはどう感じますか。
SRC篠原院長
あまり見てないから分からないけど、懸念してる重鎮の先生方も多いですね。

写真の撮り方とか、PRはすごい上手で名医っぽく見えるけど…

SNSで医学的事実に反することを、映え目的で誇張する気持ちは分からなくもない。

ただ、若くても天才だったら知識があるかもしれないですが、技術は修行の年月が必要じゃないですか。

僕は、美容医療も15年以上になりますが、まだまだ知識も技術も修行が必要だと思ってます。

でも、あまりにも若かったり技術や知識が少なかったりする人でも、Instagramって若い人のほうが魅せ方が上手じゃないですか。

僕たちのような、美容に携わって30〜40年もする先生方はInstagramとか疎いわけですよ。若い人たちは若いがゆえに、Instagramはすごくうまいし、映えるし、集客は上手なんです。でも、医学的に根拠がなかったり、不確かな情報を発信している若いドクターが多いのは事実です。

SALAN
やっぱり、見てきた患者さんの数が違いますよね。
SRC篠原院長
それは大事ですよね。
SALAN
今は先生側のSNSの話でしたけど、治療を受ける側の話として、ヒアルロン酸とかボトックスって手軽で、1歩目のプチ整形、なんなら、整形とすら思っていない人もいるくらいで。

その1歩目が怖いと思う理由が、ヒアルロン酸を1回打ったら、ずっと打ち続けないといけないんじゃないかとか、一つやったら気になる所が増えて、整形依存になるんじゃないかとか言われる人も多いと思います。先生はどう思いますか。

SRC篠原院長
依存といえば依存なのかなと思います。

ヒアルロン酸がきっかけだったとしても、レーザーをやりたくなったり、毛穴が気になったりしますからね。

おしゃれ同とじで、上着でかわいいのを見つけたら、パンツも、靴も、帽子も欲しくなって、ネイルをしたり、いろいろ広がっていくわけですよ。

自意識、美意識の問題ですね。

SALAN
なるほど。私の読者は20〜30代なんですが、どんな施術が多いですか。
SRC篠原院長
20〜30代だと、おでこ、肌、涙袋。あとは、エラボトックスで小顔が多いですね。
SALAN
もしアラサーの方が施術するなら、この順番を気にすればいい!みたいな先生おすすめの施術とかってありますか。
SRC篠原院長
老化的な変化が出てくるので、アンチエイジングですね。

あまり老け込まないように予防していって、そこから、もっとかわいくなるようにバランスを整えるとかがいいですね。

SALAN
先生が以前おっしゃってたのは、お肌は22歳から右肩下がりでしたっけ。
SRC篠原院長
皮膚に関しては基本的に、体の成長が止まったら老化が始まってると思ったほうがいいですよ。 

成長ホルモンのピークは、成長が止まると落ちていきますが、成長が終わった体にとっての成長ホルモンは、老化を予防する役割を持っているんです。10代、20代前後に成長は止まりますが、成長ホルモンの影響は残っているので、20代前半までは老化現象として顕著には見えない。20代後半、30代になると老化が目に見えるようになってくる感じです。

SALAN
怖いですね。
SRC篠原院長
結局、今の医療で時計の針を止めることはできないんです。

それをちょっと巻き戻すのが、美容医療じゃないですか。だけど、決してときは止まらないし、巻き戻せても普通に進んでいくんですよ。

 そのスピードを遅くするのか、カーブをゆるくするのが美容医療です。

SALAN
化粧品ではできないってことですよね。
SRC篠原院長
化粧品は隠してるだけで。サプリとかはちょっと効くかもしれないけど、根幹治療にはならないですね。
SALAN
では、ヒアルロン酸などの注入系が上手い先生の見分け方ってありますか。
SRC篠原院長
ちゃんと組み合わせを提案してくれるドクターですかね。

たとえば毛穴にはこれ、たるみにはこれって、複数の選択肢を持っているクリニックだったら最適で効果的な治療を提供できます。

ほかにも、設備的な差や、機械を使う知識。機械も使い方で変わりますから。

ドクターによって、もっと効果的、痛くない、満足度が高い、そういう差が出るんじゃないですかね。

SALAN
うまい先生って痛くないんですか。
SRC篠原院長
もちろん!それが大きなセールスポイントですね。なるべく痛い思いをさせたくないっていう優しさじゃないですか。
SALAN
そうなんですね。そこに差はないと思っていました!
SRC篠原院長
痛いに決まってんだろって、何も考えずに刺す先生もいます。痛いのは嫌で、その痛みをなるべく減らせるなら、そのほうがいいじゃないですか。だから、痛くなくするためにはどうしたらいいかを考えますよね。
SALAN
ブルブルって当てる先生もいますよね。
SRC篠原院長
そう!あと、冷やすとか、針の刺し方でも変わってきます。
SALAN
技術の差が出てくるんですね。

あと、不自然にならないかどうか聞かれたら、先生はなんて答えますか

SRC篠原院長
なりません、僕がやれば!

マニュアルがあっても、骨格とかみんな違うので人によるじゃないですか。その人の骨格、状況などを見て、適切な量を適切な位置に打てば、不自然には見えません。

SALAN
芸能人とかで、顔がパーン!ってなってる人を見て、自分もこうなるんじゃないかって思う人がいるんだと思います。あれは、なんでそう見えるんですか。
SRC篠原院長
言っていいところと、いけないところのグレーゾーンがあるんですけど。

芸能人を担当する先生の中にも、とりあえず、へこんでいる所に大量に打てば、ほうれい線がなくなっていいじゃん!みたいな感覚です。

昔のやり方をすると、不適切な位置に不適切な量が入るので不自然に見える。

SALAN
グレーですね(笑)

こういう打ち過ぎって、人から見て、めっちゃ入れてるって思われてるのが分からなくなってきてるのかなって思うんですけど。こうならないための基準ってなんですか。

SRC篠原院長
センスがいいドクターに止めてもらうっていうことですかね。

こういう状態になっても、シワが目立たないから本人は満足してるわけですよ。

ちょっと減ってくると、風船がしぼんだみたいにシワが出て、また追加して入れるわけです。

それは、もう注入ではなくて、ダーマペンとか、レーザーでシワを焼くとか、ヒアルロン酸でどうにかするのはその辺で止めといたほうがいいですよって言ってあげます。

SALAN
先生は止めてくれるんですか?!
SRC篠原院長
もちろん!止めるんだけど、周りなんかいいから、好きにさせてよっていう人もいます。

ただ、本人は満足してても僕は言いますよ。じゅうぶん仕上がってるから、もっと良くするんだったらレーザーとかどうですかって。

トータル提案できるドクターほど止めることができますよ。

 ヒアルロン酸だけとか、ボトックスだけだと、不自然になりやすいです。

ボトックスもいい治療ですけど、おでこなんかは無理すると失敗が多いですよ

SALAN
おでこから下がって、炎症が起きるってことなんですか?よく、SNSの失敗例とかで見ますけど。
SRC篠原院長
注入系での失敗は、おでこが一番多いんです。

眉毛が下がって、目つきが変わるんですよ。

SALAN
注入の技術力の問題ってことですか。
SRC篠原院長
そうです。打つ量と位置。
SALAN
じゃあ、ヒアルロン酸を入れるタイミングはいつがいいでしょうか。
SRC篠原院長
いつでもいいですよ。若い人だったらそんなに老化してないので、40代以降のアンチエイジングに必要な打ち方じゃなくて。
SALAN
アゴを作ったりとか?
SRC篠原院長
バランスを良くします。

よりかわいく見えるように、バランスを良くできるので。だから、若い人でも大歓迎です!

SALAN
おすすめの、ヒアルロン酸との組み合わせをいくつか教えてください。
SRC篠原院長
最近、小顔にしたい人が多いので、エラボトックスと組み合わせて、リフトアップできます。

あとは、ハイフのたるみ治療。

ラジオ波で皮膚を引き締めるのもいいですね。

ダーマペンもおすすめです。

SALAN
ダーマペンとヒアルロン酸だとどんな相乗効果があるんですか?
SRC篠原院長
相乗効果的なことではなく、ヒアルロン酸と相性が悪いものが特にないんですよ。

だから、どの治療と組み合わせてもいい。

ハイフに関しては、かなり深い所にエネルギーが入るので、浅い部分にヒアルロン酸が入っている所に当てるとヒアルロン酸が溶けるんじゃないかっていう懸念がちょっとあるくらいですね。

SALAN
組み合わせですね。ダーマペンが浅いからって意味ですか?
SRC篠原院長
そう。ほとんどは併用しても問題ないです。
SALAN
では、最後に。初めての方が、先生のもとへ相談にきていいんでしょうか?
SRC篠原院長
もちろんです!カウンセリングは無料ですので、まずは相談だけでも来てクリニックの雰囲気を感じてみて下さい!
SALAN
ありがとうございました!

スキンリファインクリニックの店舗詳細

こちらが店舗情報です。

詳しい料金等は、ぜひHPで確認してみて下さい。

予約はWEB、電話も可能ですが、登録でLINEからカンタンにできます!

スキンリファインクリニック銀座のLINE登録

スキンリファインクリニック吉祥寺のLINE登録

美容クリニックってちょっと入りにくい雰囲気があると思いますが、スキンリファインクリニックさんは院内もとてもおしゃれで清潔感があって、みんなもお肌に悩みがあるなら、ぜひ1度、足を運んでみてほしいです!

お話を聞かせてくださった篠原院長、本当にありがとうございました!

みんなHPも見てね~!

スキンリファインクリニックの公式ページ

-未分類, 美容

Copyright© サランの韓国ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.